くるみごはん

ARTICLE PAGE

31 2017

子宮筋腫とMRI造影検査

時折襲ってくる 下腹部の激痛の正体が 2か月前の診断では 腰痛によるもの 
という結果でした


ちょうど かかりつけの歯科医院で 定期検査の予約があったので
良い針灸院を 紹介して頂けないか尋ねたのですが
針は組織を破壊しているので あまり勧めないと、先生。
先生のお知り合いの方も 針で具合を悪くしてしまったそうで(´・Д・)」

まずはウォーキングが一番 で それも ちまちま歩くのではなく
大股でサクサク歩かないと 骨盤内の筋肉が鍛えられないそうです


痛みが治まるのを待って、 あちこち たくさん歩きました
これまでも距離は結構歩いてきたけど 散歩感覚でのんびり でしたから
その後は きちんと骨盤内の筋肉を意識して 大股・速足で頑張って歩いています

目的地で 美味しいものを食べてしまうので ダイエットにはなってませんが(笑)

徐々に筋肉がついてきた気もするし 好調かな と思っていた所
先日 また激しい痛みに襲われ、今回ははっきり感じました

痛み方や 場所からいって
これは 腰痛じゃない 大元は婦人科系のものから起因しているはずで
腰痛は二次障害みたいなものだ

と。

腸も 検査した方がいいかもしれないけど
まずは 婦人科系

これまで通った婦人科では ここが痛いんです!と内診で訴えても
わからない。の一点張りで
病院を変えないと ダメだろうなと思いました


痛みに詳しい病院にして(婦人科ではない所ですが)
超音波検査をし、
「筋腫」 によるもの という診断でした
膣側からの内診ではわからなくても 腹部上からの超音波の方が判明することがあるんですね?

半年前も近所の内科で 腹痛で 超音波検査をして
そこでは 「よくわからないなー」と言われたから
検査技師さんの 腕によるのかもしれません


筋腫があるのは3年くらい前からわかっていましたが
ここまでの痛みはなく
今回は悪性も疑いました

なので今週 MRI造影検査 を受けてきます


本当は先週 近場の画像診断施設で 行う予定だったのだけど
造影剤を 入れるための 針を 注入する段階で
看護師さんが 不慣れな方で失敗して 神経を傷つけたらしいです

痛みどめ の注射 と 痛みどめを数日飲んで
今も 痛みや 腫れや しびれが 残っていますが
動かせるようには なりました

こういう裁判も結構あるみたいですね


その看護師さん、
針を刺してからも ぐりぐり押し込んできて、手先から肩の方まで電流が走るような痛みが続き
絶対これはおかしい!!無理して我慢して受けてはいけない
感じたので 検査は中止して 帰りました


紹介もとの 先生の説明によれば
通常からは選ばない血管の位置から針を入れ さらに針を変な方向にいれたようです(*`ェ´*)
(血管の「こぶ」がきちんと出る 針をさせる位置は他にも いくつかあったのに)

また別の病院で 検査し直しです
今度は ちゃんと慣れた 看護師さんに当たりますように!
おかしい!と感じたら勇気をもって拒否!!ですね

また ひとつ 勉強になりました(ou(工)u)ノ
スポンサーサイト